top of page
地球と宇宙

MEMBRANE
STRUCTURE

CONTEST

第一回

20
23

img11.png
img12.png
img07.png
img09.png
img10.png
img08.png

RESULT

結果発表

テーマ:宇宙×膜構造建築 「宇宙〜inflation〜」

膜構造コンテスト 最終審査

令和6年3月15日(金)に最終プレゼン審査および表彰式が行われました。全17作品の応募の中で、最終審査に残った上位6組が、各自資料や模型を準備し、最終プレゼン審査に挑みました。表彰式では、優秀賞と優秀賞には賞金と賞状、最優秀賞にはトロフィーが贈られました。

その後、最優秀賞の古田氏と審査委員長の山口氏、ファシリテーターの黒田氏と対談を行いました。対談記事は後日掲載予定です。

懇親会も開催し、作品や膜構造、宇宙についてなど、語り合いました。

図3.jpg

総評

図2.jpg

審査委員長 山口篤樹 (山口産業株式会社 代表取締役) 

今回のテーマとなった『宇宙』という未知のフィールドに対して、応募作品のアイデアはどれも柔軟且つ斬新で私達審査員を驚かせてくれました。また、一つ一つの作品にストーリー性があり、常に変化を続ける宇宙に対して今、膜はどんな課題を解決し、どんな未来を描けるか、様々な物語の中で膜の無限の可能性を感じ、30年以上膜構造に携わってきた私も知らない新しい膜構造の領域を見せていただいたと感じています。

今回のコンテストを機会に、応募いただいた方をはじめとした学生の皆様には、膜構造の可能性を様々な場面に応用していただくことを期待すると同時に、ご活躍を祈念いたします。

審査副委員長 黒木 二三夫 (日本文理大学工学部建設学科客員教授 山口産業株式会社設計部技術顧問) 

参加グループ(参加者)全般に関して言えることは、コンテスト参加前までは「膜構造」に関して、専門教育を受けたこともなく、予備知識すら持っていなかったと思われます。更に、その膜構造を宇宙空間や他の惑星で使用するという難しいテーマに対し、募集開始から作品提出までの僅か5か月間という短かな期間でリサーチし、自分達なりの独自の提案を、よくもこれだけの作品に仕上げることができたものだ、と感心させられました。

20世紀以来、再び宇宙への期待が高まっている現代においてコンテストのテーマ性から、「地球とは異なる宇宙線下の膜構造はどのようなものが要求されるのか」、「小惑星の活用」、「宇宙デブリの建材への変換」などハード面に加え、「宇宙での社会生活をどのようにとらえるべきか」といったソフト面までの提案がなされ、それこそ「宇宙への夢が膨張する」楽しいコンテストだったと感じます。

審査委員 新井 康平 (佐賀大学名誉教授 西九州大学客員教授 久留米大学客員教授)

今回のコンテストのテーマ「宇宙インフレーション」に相応しく、創造性豊かで甲乙つけがたい作品が多く提案された。エウロパを対象に積層膜構造による源流生成、マリウス丘における竪穴住居に地球環境を作るアイデア、M型小惑星に目を付けた作品、団子串刺し状態やブドウの房状態の膜構造及びその建築物の展開法、膜構造の素材の工夫、水循環の考慮、傘構造の中に雨を降らせるという発想、小惑星間をつなぐとの発想、スペースデブリを資材とする考え、火星におけるごみ処理を対象にする発想、ストーリー性、コンセプトに富むアイデア等が優れているものが多く見られた。

審査委員 佐々島 暁 (株式会社日本防災研究所 宇宙建築の会 日本建築学会 宇宙居住特別委員長)

今回のコンテストに作品を応募された皆様、お疲れ様でした。そして受賞された皆様、おめでとうございます。

テーマである「宇宙×膜構造建築」は、他の建築のデザインコンペと比較してかなり難しいテーマだったのではないでしょうか。人が生きるためには条件が多すぎる宇宙空間で、如何に膜構造を活かした提案をするか。そして、平面では表すのが難しい膜構造を説得力のあるビジュアルで表現する難しさは尋常ではなかったのではないでしょうか。

そんな難しいテーマにチャレンジし、作品として完成させた応募作品全てに敬意を表したいと思います。

第1回膜構造コンテスト 受賞作品

スクリーンショット 2024-03-31 0.48_edited.png

最優秀賞

賞金30万円+賞状

最優秀賞
「寄生 寄り生きる」
古田 摩実さん
お茶の水女子大学
06_寄生 寄り生きる_page-0001 (1) (1).jpg

​受賞コメント

コンセプトは、「寄生」です。宇宙での滞在場所として月や火星などが考えられていますが、得られる資源が限られることが懸念点だと感じました。そこで、生物に必要な元素を含む可能性があり、重元素が集まって利用しやすい小惑星に注目しました。「複数の小惑星から資源を採掘し、その資源を用いて居住空間を拡大していく」小惑星に寄生して膨張するような建築です。宇宙だから活用できる技術、地球で応用できる膜材の使い方を考えました。大きくとらえた居住空間と、人々の生活する場として小さくとらえた居住空間の両方に注目することを意識しました。

最優秀賞作品講評

審査委員長 山口篤樹

小惑星に寄生して生活し膨張していくという斬新なアイデアに非常に心を惹きつけられました。連結に膜のチューブを使用し通路として利用するという発想も、膜構造の特性を良く理解されていて、実現してみたいと思わせてくれる作品だったと感じています。

審査副委員長 黒木 二三夫

天体間に浮遊する小惑星に寄生し、資源を得ながら個人スペースと共有スペースで構成される「居住空間が膨張する」、という独創性が面白い。CADの時代に、敢えて手書きでの図面表現による仕上げで、提案している各項目の詳しい説明に一役買っている点にも、工夫が感じられた。

審査委員 新井 康平

複数の小惑星の異なる資源を集めて空気砂膜構造を伴う地球外居住区を創造するアイデア、遠心力による重力の創造等評価できる作品に昇華している。

審査委員 ​佐々島 暁

一見、自由度が高いように見える宇宙と膜構造は多くの課題を抱えるテーマでした。本作品はその課題に対して真っ向から挑み、細部に至るところまで思考を凝らしたアイデアが詰め込まれ、そう言った部分が評価されたと思います。

優秀賞

スクリーンショット 2024-03-31 0.48_edited.png

賞金5万円+賞状

優秀賞
「THE UMBRELLA」
野下 朔矢さん 杉山 聖斗さん
明星大学
08_THE UMBRELLA_page-0001 (1).jpg

​受賞コメント

野下 杉山 写真.JPG

2018年、火星の地下に大量の液体水が存在する層が発見されました。その水を活用できれば、将来的に人類が火星へ移住する可能性も高まります。そこで私たちは、火星での生活を豊かにするため、『雨を降らせる』という方法を提案いたします。傘状の大空間の中に地下から汲み上げた水を噴射して雨を降らせることで、地球上での生活リズムに近づけ、密閉空間での生活に対するストレスを軽減できると考えました。

今回のコンペを通して新たな知見が得ることができ、非常に有意義な経験となりました。また、優秀賞をいただけたことを大変光栄に思います。ありがとうございました。

優秀賞

スクリーンショット 2024-03-31 0.48_edited.png

賞金5万円+賞状

「CARAVANS ON MARS」
黒田 すずなさん 瀬 仁一郎さん 南谷 陽平さん 瀬上 嵩斗さん
岐阜工業高等専門学校
03_CARAVANS ON MARS_page-0001 (1).jpg

​受賞コメント

私たちは地球上の暮らしを再解釈し、都市を結ぶ行商人であるCARAVANSの暮らしを提案します。様々な暮らし方がある現代で、私たちが思考したのは非定住です。CARAVANSの暮らしはモビリティ形式の膜構造建築で営われ、火星という新境地で非定住を実現しています。しかし、不安定な居住だからこそCARAVANSは人間同士の出会いと関係の中で生きることができ、地球上では起こり得ない生活へと拡張していくのではないでしょうか。限られた知識を頼りに宇宙の居住を考えることは容易ではありませんでしたが、試行錯誤を重ねて形にする過程は、私たちの大切な経験となりました。

優秀賞

スクリーンショット 2024-03-31 0.48_edited.png

賞金5万円+賞状

「小惑星社会で叶えるUnity in Diversity」
松野 ななさん 石田 海都季さん 近藤 愛莉さん
京都大学 北海道大学 大阪大学
07_小惑星社会で叶えるUnity in Diversity (1)_compressed_page-0001 (1).jpg

​受賞コメント

人類が宇宙で暮らす、その先の未来に必要とされるのは何か。私たちはこの答えを多様性と捉え、多種多様な小惑星利用による多様性社会を提案しました。各小惑星には大膜によって覆われたワーケーション施設や、養老複合施設などが存在し、同じ構造の大膜とスイングバイによる円滑な移動によって社会の中の繋がりを保ちつつも、それぞれ違った重力・地質により多様性を生み出せると考えます。このコンテストを通し、仲間や他の参加者の考えに触れることで、自身にはない新たな視点を数多く得られました。このような貴重な機会に出会えた事、とても嬉しく思っています。ありがとうございました。

ファイナリスト

ファイナリスト

ファイナリスト
「α計画」
「Membrane Planet」
長沢 夏帆さん 酒井 駿太さん
静岡文化芸術大学
α計画_page-0001 (2).jpg
日出 汐音さん 金城 蒼さん
東京都立大学大学院
16_Membrane Planet_page-0001 (2).jpg

​コメント

そう遠くない未来。地球の寿命は着々と近づき、人類は地球からの移住を余儀なくされる。移住への第一歩として、膜構造を用いた空間内でクローンを用いて行われる実験こそが、私たちのα計画である。膜構造の可変性や拡張性を活かし、人類を模して増殖するクローンとともに、その形態が拡張し増殖する。こうして人類移住の可能性を探る事を目論む。宇宙と膜構造というワードを聞いた時、宇宙でやる事の意義や、何故膜構造を用いるのかという事を忘れる事なく設計に落とし込めたのではないかと思います。こういった素敵な未来を考える機会をいただけたこと、感謝致します。

​コメント

宇宙でも地球と同等以上の豊かで自由な暮らしを実現したいという思いで「Membrane Planet」を設計しました。膜の可変性を最大限活かすことで、住み手の需要に合わせて自由に空間を変化させることのできる空間を計画しました。膜がもたらす自由な空間が宇宙での豊かな暮らしを担保します。また月の1/6Gという環境は膜の自由さを更に引き出すことができます。重量という制限から解放され、様々な形態や勾配に変化する膜は幾通りもの空間を形成し豊かな暮らしを育みます。

この住居が宇宙での新しい住まい方を切りひらいてくれることを期待しています。

RebirthStation
宇宙人の住まい方 地球人の住まい方
NEW LIFE
積層する源流
応募作品
02_RebirthStation_compressed_page-0001.jpg
05_宇宙人の住まい方 地球人の住まい方_page-0001.jpg
09_NEW LIFE.jpg
17_積層する源流_page-0001.jpg
垂る柱
MINING noMadism membraNe livING
月面レジャー施設 異重力アトラクション
Moon Camp
11_垂る柱_page-0001.jpg
NeoHabitation
15_MINING noMadism membraNe livING_page-0001.jpg
01_月面レジャー施設 異重力アトラクション_page-0001.jpg
Grape
14_Moon Camp_page-0001.jpg
マクとゴミ
13_NeoHabitation_page-0001 (1).jpg
10_Grape_page-0001.jpg
04_マクとゴミ_page-0001.jpg

本サイトにおいて掲載されているすべての内容の著作権は、特別の断り書きが無い限り当社に帰属するか、当社が著作権者より許諾を得て使用しているものです。

本サイトの掲載内容(文章、画像など)の一部および全てについて、事前の許諾なく無断で複製、複写、転載、転用、編集、改変、販売、送信、放送、配布、貸与、翻訳、変造などの二次利用を固く禁じます。

膜構造コンテスト

©2023 YAMAGUCHI NEW SHELTER INDUSTRY INC.

bottom of page